社内英語化のデメリットとは? 航空機メーカーで働く男の英語勉強法|海外勤務を狙う!

<実際に使って効果を実感した、英語教材ランキング>

網野智世子 第1位
英語学習 30歳からできたラクラク英語マスター法
仕事でレベルの高い英語力(TOEIC800点レベル)を身につけたい人は、この教材がオススメです。僕も書き取りとシャドーイングを繰り返して、高度なビジネス英語を身につけることに成功しました!少しずつネイティブに近い文章力が身についてきました(^^)

<英語学習に関するお問い合わせについて>

英語勉強法英語学習に関する質問など、随時受け付けています。英語学習
基礎英語お問い合わせフォームより、「氏名」「お問い合わせ内容」を明記の上、ご連絡ください。
できるだけ早急に対応させていただきますが、会社勤めをしている都合上、ご連絡が遅くなる場合があります。その点ご容赦ください。

社内英語化のデメリットとは?

経営者の立場から見ると、社内英語化は
数多くのメリットがあると思います。

しかし、社員の立場からしたら良いことばかりではありません。
例えばこんなデメリットがあります。

1.お給料が下がっていく?

もし社内の共通語が英語になれば、日本人以外の人でも
働くことができます。

例えばインドや中国など、意欲の高い人材を採用していけば、
会社の売上アップにもつながっていくでしょう。

海外には日本で働きたいという人がゴロゴロいます。
日本で働き、専門スキルを身に付けて母国で一旗挙げたいという人が、
何十万人もいるわけです。

これまで日本の会社で外国人労働者が働きにくかったのは、
「日本語」という壁があったからです。

外国人からすると、日本語の習得はハードルが高いのです。
仕事に支障がないほどの日本語力を身に付けられる人は、
なかなかいなかったわけです。

しかし英語が共通語になれば、外国人労働者にもチャンスが生まれます。
仕事熱心な人材を比較的安いお給料で雇えるため、
経営者にとってメリットが生まれることになりますね。

その流れが加速していくと、仕事ができない人たちは、
リストラや早期退職の対象になるでしょう。

また社員同士の競争が激しくなっていくので、
成果をあげないとお給料が下がる可能性もありますね。

社内の雰囲気がガラッと変わっていきますから、
切実な問題になっていきます。

英語圏の会社に業務を外注するところも出てくるでしょうね。
日本の下請け会社よりも安くて品質の高い仕事をする会社があれば、
経費削減のために外注先を変える可能性があります。

日本の下請け会社は利益を圧迫されることになり、今まで以上に
人員削減やコストカットを余儀なくされるでしょう。


2.英語が苦手だと言っていられなくなる

社内で英語が必須となれば、これまで英語の業務をしてこなかった人、
英語に興味がなかった人も勉強しなければなりません。

「英語を使わなくてもいいから、今の仕事を選んだのに」
という人にとっては、かなり辛い状況に追い込まれるでしょう。

英語に苦手意識を持っている人は多いと思いますので、
苦手意識を克服するためには、相当の努力とエネルギーが必要です。

英語の教材で勉強する、英会話スクールに通うなど、
お金と時間もかかってきますよね。

人によっては仕事に対するモチベーションが
下がる人もいると思います。

経営者はこのあたりの予想される問題について、
しっかり対策しなくてはいけないと思います。


3.人材や社内体制がコロコロ変わりだす

世界にチャンスを求める経営者は、海外出店や外国企業の
吸収・合併を積極的に進めるでしょう。

もし外国企業を吸収したら、外国人と仕事をする機会が
どんどん増えていくはずです。

もしかしたら給与体系や労働条件なども変化するかもしれません。
日本人は真似をするのが得意ですから、「これはいい」と思ったものは、
どんどん外国企業から取り入れていくでしょう。

税務や法務関連の部署では、法律関係の変更に伴って、
業務が増えることが予想されます。

書類の作成が英語になれば、覚えなければいけないことも増えるでしょう。

------------------------------------

社内英語化については賛否両論あると思いますが、
経営者にとっては生き残りをかけた死活問題なので、
積極的な人が多いと思います。

社内体制が変われば、それに従わなければならないのが
サラリーマンの宿命。

会社を変えるか、自分を変えるか・・・

多くの人が悩ましい日々を送ることになるのは、
それほど遠い将来ではないような気がします。

「ビジネス英語」は難しいと思っている人が多いかもしれませんが、
仕事で使う英語なら、1年くらいがんばって勉強すれば、
案外使いこなせるようになるものです。

私も海外輸送に必要な「Invoice」という送り状を初めて作成するとき、
内容が分からなくてすごく時間がかかりました。

でも3ヶ月もすると慣れてきて、苦もなくできるようになりました。

英語は慣れの問題です。
最初は難しく感じても、慣れれば簡単にできるようになります。

海外への社内研修制度がある会社であれば、
積極的に利用したほうがいいと思います。

海外に半年でも住んでいれば、英語にどっぷりつかれるので、
自然に英語力は身についていくでしょう。

日本で英会話スクールに通うよりも、
何倍も効率的に学ぶことができます。

利用できるものはどんどん利用していってください。

どうしても日本で英語を勉強しなければいけない人に
オススメする教材は「Simple English」です↓

54分間英文法習得プログラム(CD付き)なら中学の英文法が
あやふやな方でも、基礎を身に付けることができますよ。


タグ:社内英語化

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。